この世にある文章のほとんどは、行き先のないラブレターだ。

感情が溢れて文字になり、文字が並んで文章になる。文章がつらなって表現になって、表現の連続が自分になる。

 

好き、って気持ちは与えられるより抱くほうが遥かに贅沢で、甘くて、苦しさすらも中毒性を帯びてるということに気づいてしまった。手で掬い上げるそれは、満月の色をして、指の間から滑り落ちていって夜に溶ける。

 

男。退屈を食べて大きくなった幼児のことをそう呼ぶらしい。私はこの独特の生き物のことを無性に好きになる瞬間と瞬間を繋ぐ時間を生活と呼んでいる。この独特な生き物も大概は私のことを好きになってくれる。女は美しければそれは美味しい退屈だからだ。

 

恋愛。冷静さを欠けば欠くほど愉快な娯楽だ。感情を交わらせてマニュアルを沿うように溺れる。唯一の欠点は、直ぐに飽きてしまうところ。私の恋愛感情は、お早めにお召し上がりくださいのシールがぺたりと貼り付けられていて、寝て起きたら腐ったケーキが3口ほどかじられてテーブルの上に置いてあって、どうしようかと迷ってると別の方角から鈴の音が誘惑するように可愛く鳴っている。病的な気まぐれ。最低な甘美。

 

駆け引きと取り引きの違いって、楽しいか楽しくないかだと思う。駆け引きなんてしないで素直に感情をぶつけるのも雪合戦の宣誓布告みたいで楽しいけど、絶妙な距離感の会話で相手の気持ちの糸をたぐりよせながらわかりやすく好意を間接表現するのも心臓がべろべろに酔ってしまうほど日常が甘くぼやける。

 

愛しい愛しい愛しい。真っ直ぐで歪んだエゴを狂ったように押し付ける。あなたは私のことをいつか必ず忘れるし私もいつかこんな日のこと忘れるけど。それでもこの先この瞬間が私たちを構成する一つのパーツになるような時間を過ごそう。忘れたことすら忘れてしまっても、覚えてることだけが価値じゃないから。

 

私を好きになるような趣味と頭の悪い優しい男どもには絶対に伝わらないだろうからこんなところにうだうだ書く。久々に長い文章!やっぱり楽しい。

時間をご馳走さまでした。