読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完璧な遺書を残して死にたい。

死んだ後に、悔やまれるような…死んではじめて生きるような、そんな文章をまとめるんだ。

切り口は、そうだ、実は死んでしまった。とかにしよう。実は、といいながら周知の事実。シュールで、拍子抜けするだろう。
そして、死んだ理由。正直これは適当でいい。なぜなら、いついかなる理由があろうとも、それが「死んでいい理由」には、絶対に、ならないからだ。
テレビがつまらなくて、チャンネルの変え方も知らずに番組開始数分でバチンとテレビを消す感覚で死んだとでも書いておこう。曖昧でいいんだ、こういうのは。
もしくは、見たくない番組がやっていたから消したとでも書いておこう。逃げたつもりが、戻ってこれなくなったと。逃げたつもりが、死人を後追いしてしまった。逃げてんのか、追ってんのか、わからない。ははは、とでも書いておけばいいだろう。遺書でウケを狙っても、どんなに面白くても、滑る。人間は、不謹慎なときに笑わない生き物なのだ。

その後は、感謝と、謝罪を適度に書いておこう。地球あたりに住んでる人間っぽいやつ全員と、そこらへんの草木と、発達した機械にアリガトーというんだ。あとはゴメンねって、これは死んだときにショックに思う人たち向け。ソーリー、である。

19年間で得たものは沢山あった。失ったものは一つもなかった。色んなものを持ちすぎたのだ。荷物が多すぎて、目的地に着くまでに観光ツアーをリタイヤしてしまった。

死んだら、私は1週間くらいで色んな人間から忘れられるだろう。
まあ、1週間くらいで覚えられたような人間だから、当たり前だ。

(´・ω・)(´・ω・)(´・ω・)

ひまだー!!!!!!!

18からおもってるけどもう人生いいや。
さみしさとか息苦しさとかもう全部全部丸めてポイだ。
自殺は親不孝?
事故がいいかな。事故なんてそうそう起きないよ。
電車かなんかで人質に囚われて、ピストルかなにかで、一瞬で殺されないかな。私の能天気な発言がキチガイみたいなやつの怒りに触れてさ。
「19歳 女学生の謎の発言『柿ピーの後ろ足にエリンギ』が犯人を逆上させ 殺害に 」みたいな、うん。もう生きるの疲れた!!

 

、、と、いう日記というかメモがカレンダーアプリからでてきた。日付は2月22日。

 

たしかに絶対に不幸ではない、でも、たしかに(主観的に)苦痛な日々は私を安心させる。

ダメだってわかっていても、なにものってないカートがかしゃんかしゃんと音をたてて下っていくのを走って追いかけられない。

 

(なにかいてんだ自分)